森法律事務所(愛知・名古屋の弁護士) 愛知県名古屋市

コンタクト

お問い合わせ

会社倒産の法律相談で
ご用意いただきたい資料

会社の倒産の法律相談では、以下の書類をご用意いただけますと、弁護士は効率的に会社や経営者の方がおかれている事情を理解して、より的確なアドバイスをすることができます。

ただし、資料を準備するのに時間がかかり相談日が遅くなってしまっては本末転倒ですので、この中でご用意できるものをご準備いただければと思います。

また、これらの資料の準備を従業員に指示されますと、察しのいい従業員に「倒産を考えているのでは」と疑われる危険があります。
それゆえ、これらの資料を準備されるにあたっては、「倒産の法律相談」の準備であることを気付かれないよう十分にご注意ください。

01 会社について

最小限のものとしては(1)(2)をご用意ください。

  1. (1) 会社の商業登記簿謄本
  2. (2) 税務申告書 (できれば)直近3年分
  3. (3) 会社案内等、会社の事業内容が分かる資料
  4. (4) 金融債権者の名称、負債額、担保の対象物が分かる資料
  5. (5) リース債務の残高
  6. (6) その他の大口債権者の名称、負債額、担保の対象物が分かる資料
  7. (7) 振出手形の決済日一覧表(手形管理簿等)
  8. (8) 税金・社会保険料等の滞納公租公課の有無と内容(課税庁、金額)
  9. (9) 賃金台帳及び従業員の1ヶ月の賃金額、未払給与の額が分かる資料)
  10. (10) 賃金規程、退職金規程
  11. (11) その他の債権者のおおよその数、負債額
  12. (12) 個人保証がついている契約の契約書
    (金銭消費貸借契約書、リース契約書、取引基本契約書等)
  13. (13) その他会社の負債の内容がわかる資料
  14. (14) 売掛金の内容
  15. (15) 不動産を所有する場合は不動産登記簿謄本
  16. (16) 賃借物件の場合は賃貸借契約書
  17. (17) 仕掛かり工事、仕掛品の内容
  18. (18) その他会社の財産の状況がわかる資料

会社再建のご相談の場合は、以上の資料の他に

(ア) 資金繰り実績表(過去6ヶ月)
(イ) 資金繰り予定表(今後6ヶ月)

02 経営者個人等について

会社の倒産に際し、会社債務の保証人となっている経営者個人の破産等についてもご相談される場合は、会社の資料の他に以下のものをご用意ください。

  1. (1) 会社の保証債務の内容(債権者名)
  2. (2) 個人財産を会社債務のために担保設定している場合はその内容
  3. (3) 会社の保証債務以外の債務の内容(住宅ローン等)
  4. (4) 不動産を所有する場合は不動産登記簿謄本
  5. (5) その他個人の財産の内容がわかる資料

お電話でのご予約はこちらへ

052-202-5155

受付時間:月曜日〜金曜日(祝日を除く)9:00〜18:00

※お電話を頂いたときに弁護士が不在の場合は、後ほど、折り返しますので、
ご連絡先の電話番号をお伝えください。

森法律事務所の森美穂弁護士は、倒産のエキスパート。
お引き受けする倒産事案は全て、倒産のエキスパート森美穂弁護士本人が対応します。
倒産に熟練した弁護士が、蓄積した経験を活かし、手続完了までお力添えします。
皆さんと同じ立場の方から、苦境を乗り越えられた後に「森法律事務所に依頼してよかった。」との声をたくさん頂戴しています。
再生の途へと続く新たな一歩を踏み出すことを、どうかためらわないでください。
ご相談をお待ちしています。

森法律事務所
pageTop